オアシス

**神戸大学マンドリンクラブのOB・OG会である弦友会のページです**

弦友会 in TOKYO 開催

3月13日(日)、東京有楽町・帝劇ビル内の神戸大学東京六甲クラブにて、掲題の行事が開催されました。
弦友会の会員は東日本に200名近く(うち関東地域に約170名)が在住。これまで東京では「東京シニア弦友会」が
毎年開かれています。今回、昨年のクラブ創部100周年記念行事に参加した関東在住の人たちが発起人となって、
東京での弦友会行事開催を企画、広く会員に呼び掛けて実現しました。
当日は50名の会員が集い、小倉浩一さんの司会進行で、13:30松林資隆副会長による開会、
神戸からご参加頂いた今ア良平会長のご挨拶から開始。
続いて、竹間久枝・益田正洋両プロによるマンドリン&ギター演奏。
マンドリン協奏曲ハ長調、ソナタコンチェルタータ、
はじまりの音楽(さくら、春が来た)、幻想的ワルツ、スペイン風奇想曲、夢うつつ、
とすばらしい演奏をたっぷり聴かせて頂きました。
後半は、ビールを傾けながら和気あいあいと懇談。
懐かしい仲間とのクラブ時代の思い出話や世代を超えた交流で会が盛り上がりました。
16:30東郷直樹副会長の閉会挨拶の後、「はるかな友に」を合唱してお開き。
散会後は親しい回生間での二次会も開かれたようです。
今回日程合わず残念ながら欠席という方もおられ、次の機会を企画したいと思います。
また、演奏活動を続けているOBOGの方も多く、
みなさんから「(1986年以来の)KUMC東京演奏会を」という声が出ています。
こちらもぜひ実現させたいものです。


(文責:弦友会事務局 岡部幸夫)



竹間プロと益田プロの演奏
竹間プロと益田プロの演奏

懇談会の様子
懇談会の様子

はるかな友に合唱
はるかな友に合唱