オアシス

**神戸大学マンドリンクラブのOB・OG会である弦友会のページです**

第5回「つどい」を開催

梅雨が明け夏日の7月22日(土)午後、3年振りの「神戸大学マンドリンクラブのつどい」
を母校神戸大学にて開催しました。
2011年に始まったつどいは5回目の開催となります。この間、2015年に「創部100周年」、
2016年に「弦友会in東京」とクラブの節目となる行事を行いました。
今回は、OBOG・現役部員、それぞれ73名、計146名が集いました。
学生会館6階のホール(クラブの練習会場)に集合、KUMC井門拓未部長の開会に続いて、
弦友会の今ア良平前会長・東郷直樹新会長から挨拶がありました。
その後は、指揮者の高松鮎美さんのリードで、「上を向いて歩こう」「カントリーロード」「商
神」を“大”合奏。楽器を持ち替えたり、歌・手拍子で演奏に加わったりと、先輩・後輩が
仲良く並んで元気な演奏を行いました。
コンマスの平川 拓さんが今年の※ARTE国際コンクールの予備審査を通ったとのことで、腕
前を披露。忙しい中駆けつけて頂いた大西功造プロがカラーチェの独奏曲を演奏、みなさん
感激の拍手の後、師弟のデュエット演奏にさらに大きな拍手と歓声が沸きました。
※第11回ARTE国際コンクール予備審査 http://www.arte-mandolin.com/post-1249.html

会場を六甲台アカデミア館の食堂に移し、懇親会が始まりました。
遠く千葉からご参加頂いた9回生の西垣征八郎さんの乾杯の発声で開会。楽器パートごと
に13のテーブルについて、OBOGと現役部員とのクラブ今昔話で、賑やかな交流が続きます。
締めはいつもの「はるかな友に」。現役パートトップ陣の生演奏と全員の合唱で17時に閉
会。OBOGのみなさん、数十年前の青春を取り戻されて帰路につかれました。なごりつきな
い方々は同期あるいは親しいお仲間で二次会へ。

KUMC部員のみなさん、準備から当日の案内・受付・会の進行、とご苦労さまでした。
今回の「つどい」、みなさんにとってはいかがでしたでしょうか。OBOGとの交流を共に楽し
んで頂き、今後もこのような機会を続けることができれば、と願うものです。
(文責:弦友会事務局 岡部幸夫)



みんなで大合奏
みんなで大合奏

大西・平川師弟演奏
大西・平川師弟演奏

懇親会はる友合唱
懇親会はるかな友に合唱